渋谷BEオフィスにて行われた「ブロックチェーンビジネス研究会ミートアップ#1」に代表:森川が登壇。


先日217日に株式会社Branding Engineerの渋谷オフィスにて行われたブロックチェーンビジネス研究会のミートアップに弊社代表の森川 夢佑斗(Morikawa Muuto)が登壇しました。

テーマは、世界のブロックチェーン活用事例と日本の最新動向

会場には、大学生から大手企業のマネージャークラス、起業家まで50名を超える幅広い方々が、ブロックチェーンについての知識を深めようと集まりました。

今回のイベントは、「世界のブロックチェーン活用事例と日本の最新動向」がテーマとなっており、弊社森川のほかに、ロジェ・グローバル・アソシエイツのPanda Wang氏、ブレークスルーパートナーの赤羽 雄二氏が登壇しました。

弊社森川からは日本の最新動向について、Wang氏からは中国のスタートアップを例にあげながらブロックチェーンの活用事例について、赤羽氏からも同様にアメリカのブロックチェーンの活用事例について講演を行いました。

プライベートチェーンからパブリックチェーンまで日本の最新動向

弊社森川のセッションでは、日本の最新動向について、大きくブロックチェーン活用の技術的なフェーズについて触れたのちに、具体的な企業名を出しながらお話しました。

国内においてもプライベートチェーンの活用からパブリックブロックチェーンを用いた事例など国内においても多くの事例が出てきていることに、参加者の方も興味を示していました。

各登壇者からの講演の後は、参加者と登壇者を交えての懇親会が行われました。参加者の方々もそれぞれの経験や実務をもとにブロックチェーンの可能性について、話を弾ませていました。

今後もAlta Appsは、日本におけるブロックチェーンコミュニティの促進を積極的に行っていきます。

ブロックチェーンビジネス研究会とは

ブロックチェーンビジネス研究会(Blockchain Business Commnunity、略称:BBC)は、ブロックチェーン技術の活用可能性について深い議論を行うコミュニティです。ブロックチェーン技術への知識を深めることで、実用化に向けたアクションを起こしていける人を増やし、日本をブロックチェーン先進国へしていくことを目的としています。毎月のミートアップとメディアの運営を行っています。

Alta Appsとは

Alta Appsとは、今後拡大すると思われるブロックチェーン上で稼働するアプリケーション(分散型アプリケーション)を開発および利用する際に、必要となる機能を網羅したアプリケーション群です。分散型アプリケーションを開発する際には、Alta Appsの提供するアプリケーションをもとに開発を行うことで、大幅な開発コストの削減を行うことが可能です。