【第7回ブロックチェーンビジネス勉強会に、弊社森川が登壇】


2017年8月23日(水)にブロックチェーンビジネス研究会(BBC)ミートアップ第7回が開催されました。今回のテーマは「ブロックチェーン×レギュレーション ー RegTech分野への応用と最新の規制状況について」でした。本記事ではこのイベントの様子をご紹介いたします。

今回のイベントはブロックチェーン技術のRegTech分野への応用とICOにおける最新の規制状況というテーマでした。

初めに、弊社代表の森川夢佑斗よりレギュレーション分野へのブロックチェーンの活用可能性についてご紹介させていただきました。Reg Techは大幅なコスト削減、特にコンプライアンスコストの削減につながることから金融機関を中心に注目が集まっています。

次にQRC株式会社の王氏から中国におけるブロックチェーンとRegTechに関する最新情報を共有していただきました。中国では暗号通貨のような新しい投資手法については積極的に受け入れるカルチャーがあり、ICOも2017年の5月から7月にかけて非常に早いスピードで成長しているとのことでした。ただ、現段階では中国政府はICOをネガティブに捉えていて規制を強めている傾向だそうで、今後も動向を注視する必要がありそうです。

最後にAZX Professionals Groupの池田宣大弁護士からICOにおける法規制についてお話しして頂きました。ICOは現状では資金決済法や金融商品取引法が適用されるとのことでした。現在は法律の抜け穴があっても、時機に法令の改正や修正が行われ得ることを前提に行動することが求められるというお話しがありました。参加者の方から多くの質問が出るなど、法規制への関心の高さが伺えました。

Alta Apps(アルタアップス)とは

Alta Apps(アルタアップス)とは、今後拡大すると思われるブロックチェーン上で稼働するアプリケーション(分散型アプリケーション)を開発および利用する際に、必要となる機能を網羅したアプリケーション群です。分散型アプリケーションを開発する際には、Alta Appsの提供するアプリケーションをもとに開発を行うことで、大幅な開発コストの削減を行うことが可能です。