「ブロックチェーン入門」出版記念 講演会&交流会にて、代表森川が講演


先日2017年6月14日に、弊社代表森川夢佑斗(Morikawa Muuto)の新著「ブロックチェーン入門」 (ベスト新書)の発売を記念して、茅場町にて講演会&交流会が行われました。今回はそのイベント報告になります。

ブロックチェーンのビジネスへの応用の可能性

今回の出版記念イベントは、仮想通貨とブロックチェーン勉強会「CSG」様主催で行われました。当日は弊社代表森川より「世の中を変える?ブロックチェーンのビジネスへの応用の可能性」という講演テーマで、お話させていただきました。前半部では、おさらいという形で、ブロックチェーンとスマートコントラクトの基本的な概念の説明をさせていただきました。後半部では、ブロックチェーンが実際のビジネスにどのように活用されているのか、海外で既に展開されている10の事例を基に、紹介させていただきました。

講演では、著作権情報の管理、登記情報の管理、サプライチェーンの管理、SNSやコンピュータのシェアリングといった分野におけるビジネス事例を紹介させていただきましたが、世界中で既に数えきれないほどの業界において、ブロックチェーンの導入が行われています。もちろん、日本も例外ではありません。今、我々の世界は、ブロックチェーンの活用が急拡大していくフェーズへと突入する段階にあります。これからの時代を見据えて、日本でも積極的にブロックチェーンに関する議論を行っていく必要があると思います。

拙著「ブロックチェーン入門」は、はじめてブロックチェーンに触れるビジネスマンや学生の方にもわかりやすいように、ブロックチェーンの仕組みやその応用の可能性について解説しています。ブロックチェーンについての正しい知識を持った人が少ない今こそ、先陣を切って学ぶ絶好のチャンスです。また、オフラインでのブロックチェーンビジネスの勉強会も開催しておりますので、ご興味のある方はぜひ気軽にご参加ください。