【ディップ株式会社オフィスにて行われた「学生限定ブロックチェーンビジネス勉強会」に代表:森川が登壇。】


先日5月11日(木)に、学生限定ブロックチェーンビジネス研究会が開催され、弊社代表森川夢佑斗(Morikawa Muuto)が登壇しました。今回はそのイベント報告になります。

 


テーマは、ブロックチェーンを使ったビジネスについて学ぶ

今回のイベントは学生向けのブロックチェーン勉強会となっており、企画・運営も学生のメンバーによって行われていました。ビットコインとは何か、ブロックチェーン技術とは何か、実際の活用事例について3部に分かれた解説セッションが行われたのち、ブロックチェーンの新たな活用方法を考えるワークショップが行われました。

全体で40名弱の学生が参加され、大変活気あるものとなりました。社会人のみならず、学生の皆さんの間にも「ブロックチェーン」、「ビットコイン(暗号通貨)」に強い関心が集まっているようです。

 

 

これまで社会人を対象としたブロックチェーンの勉強会に登壇して参りましたが、今回、初めてとなる学生向けイベントに登壇しました。

第1部では、海外におけるビットコインの普及状況についてプレゼンがありました。ビットコインの特徴に触れ、ビットコインはどこで手に入れられるのかなど、仮想通貨・暗号通貨を身近に感じる事のできる内容でした。

第2部では、ビットコインなど仮想通貨の基となるブロックチェーン技術の特徴とその仕組みについての説明がありました。プレゼン後は、質疑応答も盛んに行われていました。

第3部では、ブロックチェーン技術を応用したシェアリング・エコノミーの事例や、特許申請の事例をご紹介頂きました。

その後、「仲介が介在している既存の業種/業界は、ブロックチェーン技術によりどうなるか」を実際に参加者の方々に考えていただきました。各テーブルとも議論が白熱しており盛り上がっている様子でした。


イベント最後に「いま学生がブロックチェーンを学ぶ意義」について、弊社森川によるトークセッションが行われました。ブロックチェーン技術が一部で注目され始めた今だからこそ、この分野に関する専門性を早期に獲得することで、人材としての市場価値を高めやすいことを実体験を元にお話しました。

 

ディップ株式会社とは

会場は、ディップ株式会社のカンファレンスルームお貸し頂きました。ディップ株式会社は、『バイトル』をはじめとした、アルバイト・派遣・正社員のお仕事情報、看護師の人材紹介サイトを運営している会社です。

 

ブロックチェーンビジネス研究会とは

ブロックチェーンビジネス研究会(Blockchain Business Commnunity、略称:BBC)は、ブロックチェーン技術の活用可能性について深い議論を行うコミュニティです。社会人だけでなく、学生にもブロックチェーンの知識を深めてもらうことで、日本をブロックチェーン先進国にしていくことを目指して活動しています。